cizucu app icon
cizucu | Community & Stock Photo
Download
magazine
2024.03.12

夜更けの街歩き カメラ片手に夜スナップを撮ろう | Focus #49

2024-03-walikng-in-the-night-snap-cover-image

Image by Yukihiro

夕暮れ後の異世界を切り取る、夜スナップのすすめ

夜のスナップ撮影は、見慣れた風景を新鮮な視点で捉える絶好の機会を提供します。日が沈み、街が人工の光に包まれると、日中では気付かなかった景色の魅力が浮かび上がります。

夜の光と影のコントラストは、被写体に深みを加え、物語を語りかけるようなドラマチックなシーンを生み出します。今回は、夜のスナップのヒントを集めました。準備から撮影テクニック、楽しみ方まで、夜の写真を充実させるアドバイスを紹介します。

まずは、光源を見つけること

夜の撮影で最も重要なのは、光源を見つけることです。街灯や建物から漏れる光、車のライトなど、夜の光は多種多様。これらの光源は、被写体を照らすだけでなく、撮影に深みや雰囲気を加える効果もあります。

2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-5

Image by asagiman

街灯を活かした撮影

  • 街灯のみ:街灯一つを被写体として捉え、その周囲の光と影を利用して撮影します。街灯の形状や光の広がり方に注目し、シンプルながらも印象的な写真を撮れます。


2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-8

Image by てっちゃん

  • 街灯+背景:街灯とその背後に広がる景色を組み合わせることで、より深みのある撮影が可能に。街灯の光が背景をどのように照らし出しているかに注目し、二つの要素のバランスを取ることがコツです。


2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-10

Image by Tsubasa Mfg

  • 街灯+背景+前景:前景に何かを加えることで、さらに複雑で引き込まれるような写真が撮れます。前景に小物や自然の要素を加えて、視点の深さを出すと、なお良いでしょう。


2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-12

Image by 上村窓

建物から漏れる光を利用する

窓から漏れる光や入り口の照明は、撮影に温かみと柔らかさをもたらします。この光を利用して、建物の特徴やその周辺を照らしている様子を捉えましょう。

2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-15

Image by Ray

車のライトを使う

動きのある車のライトを利用した撮影は、動的な雰囲気を演出できます。長時間露光を用いて車のライトが描く光の軌跡を捉えることで、夜の活気やスピード感を表現できます。

2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-18

Image by AYUMOON

光の反射を捉える

水たまりや湿った路面、ガラスや金属など、光が反射する場所を見つけることも夜スナップの楽しみの一つ。反射を利用した撮影では、光と影、そしてその反射が作り出す幻想的な世界を捉えることができます。

2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-21

Image by たびこねっと

雨や雪の夜、特別な瞬間を活かす撮影

雨や雪の夜は、普段とは違う撮影風景を生み出します。
雨粒や雪の粒が光を散らすことで、幻想的な雰囲気が生まれ、被写体がより印象的に映ります。雨上がりの水溜まりが反射する光や、雪に照らされた静寂な風景は、夜スナップの醍醐味の一つです。

2024-03-walikng-in-the-night-snap-image-24

Image by Yukihiro

試行錯誤する過程を楽しむことも重要

夜のスナップ撮影は、試行錯誤が楽しいもの。失敗を恐れずにさまざまな設定やアングルで撮影を試みることが大切です。

また、シャッタースピードやISO、絞りの適切な調整といった撮影の基本をおさえつつも、常に新しい視点やアイディアを取り入れることで、撮影の幅が広がります。心が動いた瞬間を切り取ることを忘れずに、夜の撮影を楽しんでください。

cizucu主宰フォトコンテスト『Night Eyes』が開催中

最後に、現在cizucuでは2024年3月9日 (土) 〜 2024年4月8日 (月)の間〈心に残る夜景〉をテーマにしたフォトコンテスト『Night Eyes』を開催しています。そして受賞した作品は京都府内で展示予定です。今回のマガジンを通して得たインスピレーションをぜひコンテストを通して表現してみてください!

cover image by Yukihiro