cizucu app icon
cizucu | コミュニティ・ストックフォトアプリ
ダウンロード
magazine
2024.05.15

クリエイター愛用 ソニーフルサイズαシリーズを徹底紹介 | Focus #139

2024-05-sony-a-series-cover-image

cover image by Ryuzi Azuma

ソニーのフルサイズαシリーズは、高い性能とソニーならではのシネマチックな表現が魅力的です。特に軽量で持ち運びに長けているボディは、多くのクリエイターやプロフェッショナルに支持されています。

今回はαシリーズの歴史と進化、各モデルの特徴、そして高品質なEマウントレンズについてわかりやすく紹介します。

フルサイズαの始まり

2013年に登場したソニー〈α7〉と〈α7R〉は、フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラとして大きな注目を集めました。それまでのAPS-Cセンサーを搭載したNEXシリーズから進化し、より大きなセンサーを搭載することで、クリエイターやプロフェッショナルにとって待望の製品となりました。〈α7〉は約2430万画素、〈α7R〉は約3640万画素と、それぞれ異なるニーズに応えるモデルが用意されていました。

2024-05-sony-a-series-image-4

Image by Yukihiro

αシリーズの個性と特徴

現在のソニーαシリーズは、多様なニーズに応えるためにさまざまなモデルが揃っています。以下は、その代表的なモデルと特徴です。

2024-05-sony-a-series-image-7

Image by daphoto

α1 フラッグシップモデル(最上級品のモデル)

〈α1〉は、ソニーの技術を集結したフラッグシップモデルです。約5000万画素の解像度と30fpsの連写性能、さらに8K動画撮影が可能で、最高のパフォーマンスを求める方に最適です。

α9 III 高速撮影モデル

スポーツや野生動物撮影に適した〈α9 III〉は、ブラックアウトフリーの連写性能と高速オートフォーカスが特徴です。約2400万画素の解像度で、動きの速い被写体も逃しません。

α7R V 高画素モデル

約6100万画素の〈α7R V〉は、風景やポートレート撮影に最適です。驚異的な解像度と細部までの描写力で、印象的な作品を作り上げることができます。

α7S III 超高感度モデル

低照度環境での撮影に強い〈α7S III〉は、動画撮影にも最適です。約1200万画素のセンサーは、暗所でもノイズを抑えたクリアな映像を提供します。4K120fpsの動画撮影も可能で、クリエイティブな映像制作に向いています。

α7 IV バランスモデル

バランスの取れた性能を持つ〈α7 IV〉は、約3300万画素の解像度と優れたオートフォーカス性能を備えています。静止画と動画の両方に対応し、汎用性が高いモデルです。

純正Eマウントレンズの魅力

カメラの性能を最大限に引き出すためには、高品質なレンズが欠かせません。ソニー純正Eマウントレンズは、超広角12mmから超望遠600mmまで70本以上が揃っています。特に、GマスターやGレンズ、カールツァイスなどのブランドは高品質で信頼性があります。

動画需要の高まりに合わせた静音化や絞りリングの追加、手ぶれ補正やオートフォーカスの連携強化など、技術の進化が著しいです。これにより、より滑らかな映像や高精度な写真を撮影することができます。

2024-05-sony-a-series-image-20

Image by GAMI

レンズ選びも楽しい

レンズ選びは、撮影スタイルや用途に合わせて慎重に行う必要があります。ソニーEマウントは発表当初から技術公開されており、サードパーティ製のレンズも豊富にあります。しかし、非純正レンズでは機能に制約がある場合もあるため、自分の使い方に合ったレンズを選ぶことが重要です。

ソニーのフルサイズαシリーズは、その多様なモデルと高品質なレンズによって、幅広いユーザーのニーズに応えています。