cizucu app icon
cizucu | Community & Stock Photo
Download
magazine
2024.04.02

「エモい」で捉える良い写真と良い音楽 | Knowledge #24

2024-04-good-vibes-photography-cover-image

cover image by miho

生活の中にある無数の美しい瞬間や感動。それらを表現する手段として、写真があり音楽があります。しかし私たちにとって何が「良い」作品を定義するのでしょうか?「なんかいい感じ」を具体的に説明することは、写真であれ音楽であれ、難しいことです。

今回は、特に若者の間で流行する「エモい」という言葉を通じて、良い写真と音楽の本質に迫りたいと思います。

良い写真は感性、技術は再現性

シャッタースピード、F値、ISO感度、構図など、構図などは技術的な要素です。これらは目の前のシーンを思う通り捉えるために重要、撮影における再現性を高めます。

2024-04-good-vibes-photography-image-4

Image by akira

しかし、これらの技術だけで「良い写真」が撮れると保証されるわけではありません。技術は、あくまで感情を伝えるための手段です。強烈なコントラスト、斬新な構図、未知なる視点、これらは魅力的ですが、「エモい」と感じるかどうかは観る人の心に委ねられています。

良い音楽は感情の共鳴

音楽はさまざまなジャンルや表現技術で溢れており、その多様性が私たちの心を豊かにします。

一方、私たちリスナーにとって、繰り返し聴きたくなる音楽は、感情に深く共鳴するものです。一つのメロディが、ある日の記憶や感情と響き合う瞬間、私たちはそれを「良い音楽」と感じます。

2024-04-good-vibes-photography-image-9

Image by yNAK

そう考えると、記憶に残る瞬間や様々な経験から生まれる豊かな感情こそが、「良い音楽」を見つけ、私たちをそれに引き寄せているのかもしれません。一人一人の生きた経験が、音楽を通じて感じる感情の深さや響きを形作っているのです。

経験が色づける「エモさ」

個人の経験が「良い写真」や「良い音楽」を形ことを考えると、「エモい」という感覚は、人それぞれの経験によって変わります。写真や音楽が呼び起こす感情は、私たちの個別の記憶や体験と密接に結びついています。一人にとっての静けさが別の人には懐かしさを、活気ある街の写真が一人を元気づける一方で、他の人には違った感慨をもたらします。

2024-04-good-vibes-photography-image-14

Image by kotalun

新しいスタイルの写真を鑑賞するときや新しい音楽に耳を傾けるとき、自分が何に共鳴しているかに注目してみてください。写真や音楽の嗜好が広がり、他の人と感動を分かち合える場面が増えるかもしれません。

日々の生活に、写真や音楽を通じて新しい色を加えてみませんか。感性磨きは「エモい」と感じる場面を増やすことから始まります。